[人狼ジャッジメント]役職:パン屋の特徴と立ち回りのコツ

パン屋の能力・データ

 

人狼ジャッジメントのカードアイコン〜パン屋

 

重要度 ★★★☆☆
陣営 市民陣営
狼襲撃時 死亡
死亡時 特になし
占い結果 人狼ではない
霊能結果 人狼ではない

概要・設定

毎日まじめに働くパン屋。

生存していた場合は、毎朝パンを焼く。

基本的な行動は市民とあまり変わらない。

パン屋が死亡してしまうと、それ以降の朝にはパンが焼かれなくなる。

死亡したタイミングが分かりやすいため騙られにくいが、正体が判明すると襲撃されやすくもなる。

勝利条件

すべての「人狼」の死亡

(勝利したときの役職ボーナス 8pt)

パン屋の役割

COしての進行役

 

パン屋は毎朝皆にパンを焼いて届けます。

(「おいしいパンが届けられました」と朝一番に表示されます。)

パン屋は生存していることが分かるので、騙られにくい役職です。

(対抗しても処刑時点でどちらが真のパン屋か分かる。)

 

そのため、進行役がいない時にはCOしてゲーム進行することが求められます。

 

パン屋の立ち回りのコツ

ゲーム進行の方針

 

基本は潜伏しましょう。

序盤にCOしても自分が狙われやすくなったり、他の重要役職が狙われたりでいいことがありません。

占い師ロラなどで進行役がいない時にCOするのがおすすめです。

 

パン屋は信用されやすい役職ですが、能力が強い訳ではありません。

狩人や霊能者の方が大事ですので、自分が人狼のヘイトを集めるという意識で発言すると上級者のパン屋と言えます。

パン屋の発言例

 

いざという時にはCOしましょう。

パン屋COします。ゲーム進行していいですか?

対抗がいなければ(出ることは少ないですが)進行を任される場合が多いです。

発言をみて、処刑候補を考えておきましょう。

今日の吊り候補はBさんです。

回避の方法

パン屋COで回避しましょう

ほとんどの場合、生き残ることができます。

安心感のある役職ですよね。

パン屋でできるテクニック

パン屋COでの信用確保

 

パン屋はCOすることで信用を勝ち取りやすい役職です。

進行する場合は的確な推理をして行きましょう。

進行役が市民陣営を次々処刑してしまうと(仕方ないことですが)負けに繋がります。

人狼陣営を当てることができるよう、推理を磨いてください。

 

パン屋で意識すべきこと

進行役になる覚悟が必要

 

進行役を作るの、なかなか難しいですよね。

真の占い師や霊能者が進行するのが一番なのですが、通常対抗されてしまいます。

パン屋は能力はないようなものですが、対抗されづらいのが大きな強みです。

 

胃が痛くなるような場面もありますが、COしてゲーム進行をしてみてください!

能力は強くないのに責任ある場面に遭遇しやすい、面白い役職ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です